2010年01月23日

岡田外相、核政策で米に書簡(産経新聞)

 岡田克也外相は22日の記者会見で、核政策に関し昨年12月24日に米国のクリントン国務長官、ゲーツ国防長官あてに書簡を送ったことを明らかにした。

 書簡は、オバマ大統領が掲げる「核兵器のない世界」について「貴国とともにその崇高な目標の実現に向けて努力したい」と表明。米国の「核の傘」による拡大抑止について「十分な能力によって裏付けられる必要がある」とする一方、「『核兵器のない世界』という目標と相反する政策を求めるものではない」と指摘した。

【関連記事】
核のない世界に向け努力 岡田外相が米に書簡
日本人拉致問題進展へ連携確認 岡田外相と国連特別報告者
「日米中」は正三角形にあらず
岡田外相が小沢氏を擁護「今、説明責任問うのは酷」
安保改定署名50年で日米首脳が声明発表へ

遺体は兵庫の72歳女性=首締め刺される、殺人と断定−北海道警(時事通信)
歌会始 「光」を題に、皇居・宮殿で(毎日新聞)
<人事>法務省(18日)(毎日新聞)
静岡県伊東市で震度4(時事通信)
都立校で日本史が必修科目へ(産経新聞)
posted by ヤシロ トシオ at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。