2010年01月28日

普天間移設「法的措置も」 官房長官(産経新聞)

 平野博文官房長官は27日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題に関連し、地元の反対にかかわらず代替施設を建設する際、特別措置法の制定や土地の強制収用などの法的な措置をとる可能性について、「コメントは控えるが、一般論としてはある。過去の歴史にもある」と述べ、手段としてあり得るとの考えを示した。

 政府高官が同県名護市に移設する現行案について「今のままではできない」との認識を示したことについては、平野氏は「不穏当な発言になるのでコメントとしない」とした。

 鳩山由紀夫首相は同日朝記者団に対し、政府高官の発言について「いろいろな考え方は今の過程ではありうる。名護市長選の民意は大事にしながら、ゼロベースでやると決めた。検討状況を冷静に見守っていただきたい」と述べた。

 候補地として徳之島(鹿児島県)が浮上しているとの一部報道について、「否定するつもりはないが、今どこが入ってどこが入っていないという議論ではない」と述べた。

<東京都予算案>少子化対策に347億円(毎日新聞)
「施設は本当に足りないのか?」―小規模多機能連絡会・川原代表(医療介護CBニュース)
<小沢幹事長>聴取に「検察は説明を」…民主の細野副幹事長(毎日新聞)
銘酒は名水から 吹雪の中での「寒九の水くみ」(産経新聞)
マニフェスト実現、覚悟はある=11年度以降の予算で−菅財務相(時事通信)
posted by ヤシロ トシオ at 22:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢氏続投に意欲「信念貫き仲間と一緒に」(読売新聞)

 民主党の小沢幹事長は東京地検特捜部の事情聴取から一夜明けた24日、広島市のホテルで開かれた同党衆院議員のパーティーに出席した。

 小沢氏は自らの資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件について「心配、迷惑をかけていることをおわびする。不徳の致すところだ」と陳謝。そのうえで「今後もそのようなことがないように、きちんと信念を貫き、仲間と一緒に頑張っていきたい」と述べ、幹事長続投の考えを改めて強調した。23日の事情聴取には直接、言及しなかった。

 一方、夏の参院選に関しては「最終仕上げの決戦場になる。過半数を取り、政権基盤を一層強固にすれば思い切った政策を実行できる」として、参院選対策に全力を傾ける決意をにじませた。

<サイバー攻撃>対処担う「企画調整官」新設…防衛相が意向(毎日新聞)
<恐喝容疑>出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)
<自民党大会>ノムさん敗因分析「負けに不思議の負けなし」(毎日新聞)
千葉大生殺害、ATM男を窃盗容疑で再逮捕へ(読売新聞)
<コインパーキング>京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加(毎日新聞)
posted by ヤシロ トシオ at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。