2010年06月18日

亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)

 政府・民主党が参院選の日程を「6月24日公示−7月11日投開票」とし、郵政改革法案の今国会成立見送りを決めたことを受け、国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は11日未明、閣僚を辞任する意向を菅直人首相に伝えた。連立は維持する。政府は11日午前の閣議で亀井氏の辞任を正式に決定した。後任は一時的に仙谷由人官房長官が兼務、亀井氏が推す国民新党の自見庄三郎幹事長の就任で調整しており、同日中に決める方針だ。

【関連記事】亀井郵政相:法案先送りで辞任へ 国民新、連立は維持

 亀井氏は11日未明の会見で「党代表の私は、両党間の約束を破られ(郵政法案の今国会成立を)履行させることができなかった責任上、閣僚から出る」と辞任理由を説明した。この後、亀井氏は首相に電話し「閣内にとどまることはできない」と伝えた。ただ、国民新党の松下忠洋副経済産業相、長谷川憲正総務政務官は閣内にとどまり、連立は維持する。首相は慰留したうえで「連立継続は大変ありがたい」と述べた。

 民主党の枝野幸男幹事長と国民新党の自見幹事長は10日深夜から11日未明にかけて断続的に協議。自見氏が亀井氏の辞任を伝えたうえで(1)連立政権の枠組みを維持し、参院選を戦う(2)参院選後も連立政権を継続する(3)今国会の郵政法案と同一法案を参院選後の臨時国会における最優先課題とし、速やかな成立を図る−−などとする確認書を交わすことで合意した。郵政法案は今国会会期末に審議未了で、いったん廃案になる。

 内閣支持率の回復を受けた早期の参院選を優先し、郵政法案の今国会成立を見送った政府・民主党に対し、国民新党は参院選直前の野党転落を避けるため民主党側に譲歩して連立を維持したうえで、代表の閣僚辞任で形をつけた。ただ、社民党の福島瑞穂党首に続いて、連立与党の党首が閣内から去ったことは政権に微妙な影響を与えそうだ。仙谷氏は11日午前の会見で「(ダメージが)まったくないといえば強がりになる」と述べた。

 菅首相は11日午前、東京都内のホテルで枝野氏と対応を協議。会談後、枝野氏は記者団に「亀井氏の辞意は残念だが、しっかりと連立を進め、次の臨時国会で(郵政改革)法案を成立させたい。国民新党も連立はこれまで通りと言っているので、政権運営に大きな影響はない」と語った。

 一方、与野党の国対委員長は11日午前、国会内で会談した。民主党側は16日に党首討論を行い会期通り閉会する案と、国会を1日延長して16、17日に衆参両院で予算委員会を開催する案の2案を示している。結論は持ち越したが、いずれの場合も参院選日程には影響せず、7月11日投開票となる。【大場伸也、朝日弘行】

【関連ニュース】
【関連記事】菅首相:郵政改革法案の早期成立を亀井担当相と確認
【関連記事】社説:亀井氏辞任 菅首相はどう収拾する
【関連記事】「冤罪の危険常に」−−死刑廃止議連の亀井静香会長(02年4月8日掲載)
【関連記事】05年衆院選 亀井静香さんに迫った堀江貴文さん/広島6区(05年9月12日掲載)

【訃報】池田駿介氏(俳優、本名・紀生)(産経新聞)
<シベリア特措法>政権交代のたまもの 長生きしたかいがあった(毎日新聞)
「やっとスタート地点」 百舌鳥・古市古墳群、世界遺産暫定リスト入り 大阪(産経新聞)
<布川事件>再審初公判は7月9日 水戸地裁土浦支部で(毎日新聞)
ポニョ鞆の浦の観光、7割増の計算ミス…実は1割(読売新聞)
posted by ヤシロ トシオ at 13:57| Comment(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

大阪市営バスが乗用車に追突、3人けが(産経新聞)

 2日午前8時ごろ、大阪市此花区北港の港湾道路で、信号待ちをしていた同区酉島の無職男性(69)の乗用車に市営バスが追突。男性と、同乗者の無職の女性(55)、バスの乗客の女性会社員(27)の3人が首などに軽いけがをした。

 当時、バスには運転手を含め9人が乗っていた。此花署によると、バスの男性運転手(60)は「信号が青に変わった瞬間、ブレーキをゆるめたら追突した」と話しているといい、同署は自動車運転過失傷害の疑いで、事情を聴くとともに、詳しい事故原因を調べている。

【関連記事】
詐欺未遂容疑で2人逮捕 高級車の追突事故装う
カズ、乗用車に追突
俳優の宝田明さんが追突事故 けが人なし 東京都北区の交差点で
文教大教授を逮捕 ひき逃げ容疑で神奈川県警
勝間和代氏、追突される「原因はデフレ不況」
「はやぶさ」帰還へ

アートコーポレーション会長を書類送検=16歳少女にわいせつ行為―警視庁(時事通信)
鳩山首相 梅生産者の表敬に「元気になるねえ」(毎日新聞)
<大阪石綿訴訟>国側が控訴へ 仙谷担当相が言及(毎日新聞)
与党、31日午後に衆院通過の構え=郵政法案、攻防ヤマ場に(時事通信)
民主党 政調会長に玄葉氏、入閣も内定(毎日新聞)
posted by ヤシロ トシオ at 02:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

<囲碁>本因坊七番勝負第2局 山下、手厚い封じ手(毎日新聞)

 羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第2局は27日、福岡県久留米市のふかほり邸で2日目の戦いが始まった。

 張栩棋聖、高尾紳路九段とともに「平成の四天王」と呼ばれ、囲碁界を引っ張ってきた両雄。開幕戦では、3連覇を狙う羽根が本因坊初挑戦の山下を降した。これからどんな碁を見せてくれるのか。

 羽根、山下が相次いで対局室へ。定刻の午前9時となり、両者が62手目までの局面を盤上に再現する。そこで立会の小林光一九段が封じ手を「10の十です」と読み上げた。

 上辺での激戦が一段落し、互いに左下へ向かった局面。控室の検討陣は「左下を続けて打つのでは」と予想していた。しかし、山下の封じ手(黒63)は中央の黒への手段を制限し、将来の戦いに備える手厚い一手だった。羽根は白64と左下に打つ。その後は下辺、右下での折衝が続いた。【山村英樹】

【関連ニュース】
囲碁:本因坊戦第2局始まる 羽根、強気に戦う
囲碁:本因坊戦第2局、久留米で26日から
囲碁:史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー
囲碁:羽根、逆転勝ち 本因坊戦第1局
囲碁:羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局

キトラ壁画の保存管理場所決まる(産経新聞)
NHKが初の強制執行申し立て=受信料拒否の5人に(時事通信)
余部鉄橋架け替え 地域支え100年 有終の「赤」(産経新聞)
“乱”参院民主 「逆風しのげぬ」不満爆発(産経新聞)
療養病床の平均在院日数、前年同月比4.5日増―病院報告(医療介護CBニュース)
posted by ヤシロ トシオ at 04:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。